姿勢が悪いと、体の循環が悪くなって、むくみやすくなります。

ずっと片方の足に体重をかけて立っていたり、デスクワークで前かがみになってタイピングしたりしていると、循環が悪くなってしまうんですね。

それで、むくみを解消するために着圧スパッツを導入する人が多いですが、着圧スパッツだけでなく、姿勢を正すように心がけることも大事ですよね。

 

高いヒールは足をながく見せてくれますが、それはいいことばかりじゃないです。

高いヒールはむくみ、冷え性、腰痛に響いてきます。

 

だから、ずっと履いているのはよくないんです。

 

フラットなシューズのほうがいいでしょうね。

 

 

あとは座る時でも、お腹に力を入れてから、心を込めてから、作業することで、お腹の筋肉が鍛えられ、余計な脂肪がつかないようになっていけると思うのですよね。

首と頭を前につきだして、膝を曲げて歩いているとすごく姿勢が悪いです。

 

見た目も悪くなります。

だって変な姿勢ですよね?

この姿勢だと本来の体の働きが阻害されて、むくみやすくなってしまいます。

 

個の姿勢だとお腹の筋肉がたるんで、腹筋がゆるんで、骨盤がゆがみ、鼠径部が阻害されていきます。

 

足の組織に水がたまっていきます。

 

 

逆に背筋がすーっと伸びている人は、腹部の筋肉がしっかりしていて、骨盤は正常な位置に収まって、

鼠径部への圧迫はなくなり、足に集まったリンパ管や静脈血管への戻りが邪魔されることはありません。

 

猫背や、どちらかに体重がかかる立ち方をしていると、筋肉の使い方がアンバランスになっていきます。

ウォーキングしても、使われない筋肉も出てきます。

 

それだと、筋肉があまり動かないと、脂肪は公立よく燃えません。

脂肪が燃えないと痩せませんよね。

当然ながら。

 

筋肉の周りに水分が溜まる、むくみができると、筋肉の動きが阻害されてしまいます。

そうなると、ますます筋肉の動きは悪くなって、脂肪の燃焼も妨げられます。

 

グラマラスパッツのサイズ選びについても調べておきましょう。

全身の筋肉は平等に綺麗に使ってやらないといけません。